祇園 大仲

「祇園さん」の名で親しまれている八坂神社
その石段下のすぐ先、四条通から切り通し路を見れば、見慣れたのれんが見える
その店は、オーナーが生まれ育った「グリル大仲」
大仲は、母親の代までお茶屋を営んでいた。その時代からある暖簾をくぐって店にあがると、一見敷居の高そうなお茶屋さんの建物に似つかわしくない、コの字型のカウンターでくつろげる

大仲では、昭和54年の開店以来、フォン・ド・ボーからスモークフレーバーまで、市販品は使用せず、全て大仲で調理しております。

京都の冬によく食される鴨なんば・鴨ロースなどに使用する京都の鴨・合鴨と、フランス料理の鴨ロースの鴨、鴨のコンフィーの鴨。それぞれの食材の鴨は違いますが、すべて日本人が作り、食します。ヨーロッパの食材がおいしければヨーロッパの、京都の食材がおいしければ京都の食材で、大仲の料理は、時代に迎合することなく、飾りなしです。
マルシェからその日その日のおいしいものを、季節をメランジュし、素材を生かした調理法とソースでお楽しみ下さい。


店舗紹介

店頭

店頭

1階 玄関

1階 玄関

1階 カウンター (8席)

1階 カウンター

1階 お座敷 (テーブル2卓 2席、4席)

1階 お座敷

2階 お座敷(大) (テーブル4卓 12席)

2階 お座敷(大)

2階 お座敷(小) (テーブル1卓 4席)

2階 お座敷(小)

舞妓

舞妓01

舞妓02

ページの一番上に移動